MESSAGE

MESSAGE

生活をより豊かにするパートナーであるために

代表取締役社長

柳原 優樹(やなぎはら ゆうき)

新たなコーヒー文化を創るチャレンジ

「家庭におけるコーヒーをより本格的に、手軽に飲めるようにし、コーヒー体験をもっと楽しんでもらいたい。」−そうした想いで始まったUCCのカプセル式一杯抽出コーヒーシステム事業。ソロ フレッシュコーヒーシステム株式会社は、この事業を本格的に市場展開するために、2016年に設立されました。

設立当時の国内コーヒー業界では、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れる「サードウェーブ」と呼ばれるスタイルが広がりを見せていました。日本には、昔からハンドドリップで一杯ずつ提供する喫茶店が数多く存在していましたが、さらに付加価値のついた新たなコーヒー文化が定着しました。また、海外の多くの国では自宅に置けるエスプレッソマシンが普及しており、日本にも海外メーカーによるカプセル式エスプレッソコーヒーメーカーが登場していた時期でもありました。ただ、日本の家庭ではドリップコーヒーがメイン。そこで、UCCグループはこの2つのトレンドを掛け合わせ、プロが淹れたようなドリップコーヒーの味わいを家庭でも気軽に素早く楽しめる形に落とし込んだドリップポッドを開発し、一杯抽出コーヒーシステムの市場に本格参入したわけです。
私たちが取り組んでいるのは、人々のコーヒーの飲み方を大きく変え、新しいコーヒーの文化を生み出すことへのチャレンジです。カプセルとマシンを使って1杯ずつ、ボタン一つで抽出するという楽しみ方を文化として定着させ、コーヒーの新たな価値創造に取り組んでいます。

幅広いコーヒー体験が日常にもたらす幸福感を共有したい

ドリップコーヒーは、コーヒー豆の香りや味わいを楽しめる一方で、淹れる工程を手間に感じる方も多い飲み物です。私自身、家庭におけるコーヒーは飲みたいときに飲めないものだと思ってきました。朝起きた時に、コーヒーがすぐに飲みたくても淹れるまでに時間がかかる。夜、コーヒーを飲みながら映画を観ようと思っても、わざわざコーヒーメーカーを出してまでコーヒーを淹れようとはなりにくい。そんなシーンでも、ドリップポッドがあれば手軽に飲めます。「以前は飲まなかった時にコーヒーを飲むようになりました」といったユーザーの声も多く、新たなコーヒー体験の機会が生まれていることに喜びを感じます。

個人的に楽しんでいただきたいのは、味のバリエーションです。UCCグループが持つグローバルネットワークを生かして、世界中の産地から厳選したバラエティ豊かなコーヒーカプセルをご用意しています。コーヒー豆はワインなどと一緒で、産地や焙煎の仕方、淹れ方、合わせる料理によって味が全く異なってきます。私たちだからこそ知る楽しみ方の幅をもっと共有し、お客様に感動と驚きをお届けしたいですね。

日本独自のコーヒー文化を、世界へ発信していきたい

当社は現在、立ち上げ時期の準備が整い、一気に右肩上がりの成長を目指す段階に来ています。
今後はライフスタイルを提案するようなチャネルにも展開し、家庭用にもっと市場を広げていきたい。なぜかというと、私はコーヒーを飲むことで人々の生活がより豊かになると信じているからです。「ドリップポッドを通じて、日常がより楽しくなった。」そうしたコーヒーの価値を感じていただきながら、さらに輪を広げていきたいと思っています。

ありがたいことに、このビジネスモデルに興味を持っていただき、マシン開発、カプセル開発、チャネル開発など、多方面で協業のお話をさせていただいています。様々な方とアライアンスを組むことで、当社にしかできないコーヒーの可能性を追求できる環境があります。ですので、自らが楽しいと感じられることやワクワクすることを判断軸にして、やりたいことは可能な限り実行していける組織作りも進めていきます。

コーヒーは海外から輸入されたものですが、世界で初めてとなる缶コーヒーの開発や喫茶業態など日本で独自の文化を築いてきており、家庭で飲めるドリップコーヒーの美味しさやバリエーションの豊富さもその一つです。将来的には、独自のカプセル式一杯抽出コーヒーシステムを通して、日本で愛されるドリップコーヒーの文化やUCCグループの存在を世界に発信していける会社でありたいと考えています。